HOME
ガルバリウム
とは?
カバー工法
工事概算
カバー工法とは?
断熱と防音
ガルバリウム
鋼板メーカ
ガルバリウム屋根
材料メーカ・商品
アスファルト
シングル
自然石粒付鋼板
(Stone Coarted
Steel Roofing)
お助け隊の
施工例
運営組織
質問・依頼
問い合わせ
サイトマップ











ガルバリウム鋼板の優位性

  葺き替え、「カバー工法」に有利な、ガルバリウム鋼板施工し易く
コストパーフォーマンスの高い!!屋根に負担をかけない軽量な、屋根材鋼板です
 

 ● ガルバリウム鋼板が屋根材料として良く使われている理由:

   1:軽量(瓦の重さの10分の1)なので、家屋の躯体に負担をかけず、地震の揺れに強い
   2:コスト;瓦の施工費用(材料+施工)が瓦に比べて低価格
   3:トタンより錆びにくく、3倍以上長持ち。 メーカー保証30年のものもある(高級品)
   4:加工し易く、工事の工期が短くなるので、施工費用がお得
   5:カバー工法なら既存の材料を撤去する費用、廃材処理費が要らないので、またお得。
 

 ● ガルバリウム鋼板”本体”価格比較

   
 

 ガルバリウム鋼板、葺き替え時本体の材料費+施工費用比較

   ガルバリウムの施工費用は、材料費と施工価格で通常は言われます。 ここでは、過去1年間
お助け隊に300件程の問い合わせをもらった内、スレートをガルバリウム鋼板いて葺き替えて欲しい(カバー工法での)件数だけを数えて、他社(提携の屋根屋以外)のも見積がありましたので、それを元に、500円きざみで価格をグラフにしてみました。(上記グラフ) ここでの条件は、既存のスレート材をカバー工法にて、ガルバリウム鋼板に葺き替えて欲しいお客様へ提出した実際の見積を数えてみました。 その際その案件が提携業者さんが受注していないものも含まれていますが、大よその価格帯が想像できると思います。 他社さんの価格は、電話で聞いたか、この価格が妥当かどうかという問い合わせに対して御答えしたとき、教えてもらった相見積も載せています。 データが僅か50案件あまりですので、これで日本全国のガルバリウム鋼板の相場を形成している訳ではありません。 あくまでも参考値です。 今私が、ガルバリウム鋼板の本体価格をお答えしている、平米あたり \5,000/u から \6,000/uという価格はそんなに外れていないという1つの指針です
 
 

 見る時の注意事項

   ガルバリウム鋼板の施工価格ですが、下地材、ルーフィング、細かい部品の価格、屋根屋さんの管理費、運賃などは含まれていません。 ガルバリウム鋼板本体(平部分)での材料費とその施工費用です。 また場合によっては足場も必要になるかもしれませんので、この価格に屋根の面積を掛け算しただけでは、屋根全体の工事費にはなりませんので、気をつけてください。   
   価格帯の表示ですが、\4,500以上、\4,999までは、\4,500の価格グラフに数えてあります。
同様に、\5,000以上\5,499までは、\5,000のグラフになります。 \3,500と\4,000に、1件づつ見積がありましたが、これは特殊事情で、たまたまの在庫材料を使って、工事をした事例でこの屋根屋さんの本来の価格ではありません。 また高いほうで、\7,500以上の価格、これらは訪問業者の見積でした。 葺き替え全体の値段は、相場の1.7倍から2倍近くの見積で、本体の施工価格にいろいろな経費をのせて営業の手数料も入っていました。 これらの4件は、お客様がこの見積はおかしいので、見てくれと電話してきたものです。 訪問業者さん全部ではありませんが、中にはこのような法外な価格を見積る業者もいるということです。 すこしでも参考になればと思います。
 

 

 ● ガルバリウム鋼板のカバー工法:見積サンプル

 

 見積の項目とそのサンプル

 
   スレート材の上からのカバー工法見積のサンプルです。 下地材からの交換で、ルーフィング、少し安めの汎用ガルバリウム鋼板で重ね葺きをした例の見積です。 本体屋根材の他に、棟部分、軒部分、けらば部分等の役物、その他の部品の施工費用があり、足場も別途です。 管理費、会社経費などの項目で諸費用をとられる場合もあります。 参考にしてください。 
下地材、ルーフィングなどの解説は、”カバー工法の概算”に載せています。
 

 
屋根の葺き替えにガルバリウム鋼板、コスト的に有利なカバー工法の材料として
多くの施主様に採用されています。 しかし利点ばかりではなく、その欠点なども紹介し、その対策もお知らせしています
ガルバリウム鋼板は、専門の業者さんにお願いするのがベストと考えています。
Nobilis Works 「ガルバリウム鋼鈑・屋根お助け隊」/copy right all reserved